トップ > 法律相談Q&A > 刑事 > きつい取り調べに耐えかねて、ウソの調書に署名してしまいました。裁判で本当のことを言って信じてもらえるんでしょうか。

刑事事件刑事

成人の刑事事件

きつい取り調べに耐えかねて、ウソの調書に署名してしまいました。裁判で本当のことを言って信じてもらえるんでしょうか。

刑事裁判では、少し前まで、法廷での証言よりも取り調べ段階での調書の方が信用されるという転倒した事態が多くあり、それが冤罪の原因となっていました。

最近、その傾向が若干改善されつつありますが、それでも取り調べ段階での自白調書は証拠として重くみられます。

もし、虚偽の自白調書を作成されてしまった場合には、すぐに弁護士に相談をして、調書の内容が本意でないことを示す証拠を作成する(たとえば、調書作成と同日に弁護人面前調書を作り確定日付を取り付けておくなど)などの措置を講じておくべきです。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「交通事故」

~交通事故の被害者となる前に、事故にあったらどうすればよいか、既に被害者となった場合にどう対処すべきか、最低限の知識を身につけておきましょう~

日時
2017年4月14日(金)
午後3時から
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江

2017年03月02日(木)

貧困ビジネスで賠償命令

國府 朋江