トップ > 法律相談Q&A > 刑事 > 無免許でバイクの運転をしたという理由で、未成年の息子が警察に逮捕されてしまいました。これから息子はどうなるのでしょうか?

刑事事件刑事

少年事件

無免許でバイクの運転をしたという理由で、未成年の息子が警察に逮捕されてしまいました。これから息子はどうなるのでしょうか?

逮捕をされると、72時間以内に釈放されるか、身柄拘束がされる手続(勾留手続・勾留に代わる観護措置)がとられます。勾留をされてしまうと、成人と同じく最大で20日間の勾留がなされます。

その後、事件は家庭裁判所に送られ、少年審判を受けることになるのですが、少年審判までの間、観護措置という措置がとられます。観護措置は、在宅で行われる場合もありますが、ほとんどは鑑別所に入所(通常約4週間)したうえで実施されます。

少年審判では、少年の要保護性に応じて、不処分(何も処分をしないこと)か保護処分(保護観察、少年院等送致)かの判断がなされます。審判時点ではこのどちらかの判断がつきかねる場合は、試験観察といって数ヶ月間様子を見る手続きがとられることもあります。  

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「交通事故」

~交通事故の被害者となる前に、事故にあったらどうすればよいか、既に被害者となった場合にどう対処すべきか、最低限の知識を身につけておきましょう~

日時
2017年4月14日(金)
午後3時から
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江

2017年03月02日(木)

貧困ビジネスで賠償命令

國府 朋江