トップ > 法律相談Q&A > 債務整理 > 民事再生 > 小規模個人再生においては、どのくらいの金額を返済すればいいのですか。

債務整理債務整理:民事再生

個人再生

小規模個人再生においては、どのくらいの金額を返済すればいいのですか。

最低弁済金額が、①最低弁済額の要件と②清算価値保障の原則の2つの要件を下回ることはできません。

  1. 最低弁済額の要件とは、債務総額が3000万円以下の場合はその5分の1または100万円のいずれか多い額(但し、債務総額が100万円未満の場合は減額なしの金額そのまま、かつ弁済金額の上限は300万円)、債務総額が3000万円を超え5000万円以下の場合はその10分の1の金額です。
  2. 清算価値とは、債務者が自己破産した場合に債権者が受けることができる予想配当額のことで、これを下回らない額を弁済する必要があります。

つまり、1. と 2. のうちのいずれか多い金額が弁済金額となり、その金額を原則3年(場合によっては5年)で分割弁済すれば、残りの債務は免責されることになります。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「交通事故」

~交通事故の被害者となる前に、事故にあったらどうすればよいか、既に被害者となった場合にどう対処すべきか、最低限の知識を身につけておきましょう~

日時
2017年4月14日(金)
午後3時から
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江

2017年03月02日(木)

貧困ビジネスで賠償命令

國府 朋江