トップ > 法律相談Q&A > 離婚 > 離婚の際に決めないといけないのは?

離婚離婚

離婚をするには?

離婚の際に決めないといけないのは?

離婚については合意できたら離婚できますか?

未成年(20歳未満)のお子さんがいるときには、父と母のいずれが親権者になるのか決まらないと離婚することができません(民法819条1項)。

また、離婚ができなくなるわけではありませんが、夫婦2人でローンを組み購入したマンションをどうするのか(財産分与、民法768条)、とか、専ら一方が稼働収入を得る分業をしていたときに、将来受け取る年金をどうするか(年金分割)などとか、の財産分与について決めておかないと、離婚から2年経ったらしたら分与ができなくなります。また、未成年の子どもを引き取らなかった方が、引き取った方に対し、どの程度の扶養料を支払うのか(養育費)についても決めた方がいいですし、同居していない子どもとどの程度の頻度で会うのか(面会交流)、についても決めた方がいいでしょう。

養育費の支払いや面会交流をどのように決めたのか、は、離婚するための条件ではありませんが、離婚届出に記載する欄がありますので、この機会に一度話し合っていた方がいいです。

関連記事:
養育費はもらえるか?

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「エンディングノート」

~私の人生の集大成。これからも家族仲良くすごしてほしい。その思いを形にしましょう。遺言の書き方、思いの残し方についてお話します~

日時
2017年11月16日(木)
午後1時30分から2時30分
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年06月12日(月)

6月21日は世界ALSデーです!

國府 朋江

2017年05月01日(月)

メーデーに参加してきました

國府 朋江

2017年04月28日(金)

いよいよ明後日!ひまわり一座の憲法劇

國府 朋江

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江