トップ > 法律相談Q&A > 離婚 > どんな段階から弁護士を依頼するといいのでしょうか?

離婚離婚

その他の問題点

どんな段階から弁護士を依頼するといいのでしょうか?

まず、これまでも述べた通り、いろんな事を決めてしまう前に、是非、弁護士と離婚全般についての相談をすることをお勧めします。

調停は、調停委員も仲立ちをしますので、必ずしも代理人が必要とは言われないかもしれませんが、もちろん弁護士を排除する制度ではなく、離婚調停で、会いたくない相手と同席を強要された、という例も聞きますし、あまり乗り気でない内調停案を押しつけられそうになることもあります。少しでも不安があれば、裁判段階に至る前の調停段階から弁護士に依頼をした方が無難です。弁護士が代理人に就任すれば、調停では調停期日に必ず同行しますし、裁判では、場合によっては、一定期間、当事者の出頭を求めずに手続を進めることも可能です。裁判所への出頭に不安がある場合などは代理人が就任していれば便利です。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

木曜のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

そろそろ「終活」はじめませんか?〜エンディングノートや遺⾔のあれこれ〜
日時
2018年10月25日(木)
午後1時30分から2時30分
会場
福岡第⼀法律事務所2階 (3階ではありませんのでお間違えなく)

詳しくはこちら

2018年04月25日(水)

国及び都道府県旧優生保護法担当一覧表

國府 朋江

2017年06月12日(月)

6月21日は世界ALSデーです!

國府 朋江

2017年05月01日(月)

メーデーに参加してきました

國府 朋江