トップ > 法律相談Q&A > 相続 > 親が亡くなり、相続人は、私と2人の兄の3人です。親の財産は、親と同居していた長兄が独占しており、私と次兄に分けてくれません。長兄が両親と同居していた以上、長兄の言いなりになるしかないのでしょうか?

相続相続

法定相続分

親が亡くなり、相続人は、私と2人の兄の3人です。親の財産は、親と同居していた長兄が独占しており、私と次兄に分けてくれません。長兄が両親と同居していた以上、長兄の言いなりになるしかないのでしょうか?

日本の民法では、被相続人(相続人に対する言葉で、亡くなられた方)に子のみがいる場合、被相続人による指定がなければ、人数で均等に分けることとされています。

このように法律で決められた分け方を「法定相続分」と言います。

例えば、被相続人に配偶者(夫または妻)とお子さんがいる場合、それぞれ2分の1ずつ相続することになっています。

本件では、相続人は、被相続人のお子さんのみですので、民法上、人数で平等に分けることになり、長兄の言いなりとなる必要はありません。相続人間の話し合いが困難な場合には、弁護士が交渉や調停をお手伝いいたしますので、お気軽にご相談下さい。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

木曜のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「職場でたたかうための労働法の基礎知識」
日時
2018年4月20日(金)
午後6時30分から7時30分
会場
※あいれふ 8階 視聴覚室B ※変更しています ご注意下さい

詳しくはこちら

2017年06月12日(月)

6月21日は世界ALSデーです!

國府 朋江

2017年05月01日(月)

メーデーに参加してきました

國府 朋江

2017年04月28日(金)

いよいよ明後日!ひまわり一座の憲法劇

國府 朋江

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江