トップ > 法律相談Q&A > 労働 > 解雇・雇い止め > 傷病を理由とする解雇

労働事件労働:解雇・雇い止め

退職・解雇の基礎知識

傷病を理由とする解雇

私が、ある病気にかかり、一定の後遺症が残ってしまったところ、会社から解雇されました。このような解雇は許されるのでしょうか。

後遺障害によりどの程度労働能力が失われてしまったかにもよりますが、単に後遺障害が残ったというだけで当然に解雇が有効とされることはないと思われます。このような傷病を理由とする解雇の事例では、全日本空輸事件・大阪地裁平成11年10月18日判決(労働判例772号9頁)が一つの参考になると思います。この事件では、労災認定を受けて休職していた客室乗務員について、基本的な労働能力に低下がなく、短期間に従前の業務に復帰可能な状態になり得る場合には、債務の本旨にしたがった労務の提供ができないとは言えないし、復帰準備時間の提供、教育的措置等も講じられていないとして解雇が無効とされました。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「交通事故」

~交通事故の被害者となる前に、事故にあったらどうすればよいか、既に被害者となった場合にどう対処すべきか、最低限の知識を身につけておきましょう~

日時
2017年4月14日(金)
午後3時から
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年04月28日(金)

いよいよ明後日!ひまわり一座の憲法劇

國府 朋江

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江