トップ > 活動紹介 > 原発 > 原発なくそう!九州玄海訴訟 > 大飯判決を力にして、原発ゼロをめざそう!

原発:原発なくそう!九州玄海訴訟

2014年12月2日(火)

大飯判決を力にして、原発ゼロをめざそう!

原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団 原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団:弁護士:毛利 倫

2014年5月21日、裁判史上に残る画期的な判決が言い渡されました。関西電力大飯原発の運転差止めを求めた裁判で、福井地裁は、大飯原発から250キロ圏内に居住する住民との関係で、原発の運転差し止めを命じたのです。

判決は、生命を守り生活を維持するという人格権は憲法上の権利であり、これを超える価値を見いだすことはできず、この根源的な権利が極めて広汎に奪われるという事態を招く具体的危険性が万が一でもあれば、その差止めが認められるのは当然であるとした上で、本件原発に係る安全技術及び設備は、確たる根拠のない楽観的な見通しのもとに、初めて成り立ち得る脆弱なものであり、本件原発の運転によって、直接的にその人格権が侵害される具体的な危険があると断じました。

この判決は、2011年3月11日の福島第一原発事故後初めての司法判断でしたが、同事故の未曾有の被害実態を目の当たりにして、これまで安全神話にどっぷりつかっていた裁判所も、ようやく目を覚ましたと言えるでしょう。

ところが、安倍内閣は、福島の事故などなかったかのように、原発の再稼働や海外輸出を協力に推し進めており、2015年の早い段階で、鹿児島の川内原発を皮切りに原発の再稼働が現実化する可能性が高まっていて、脱原発の闘いはいよいよ正念場を迎えます。

1万人原告を目指す私たちの「原発なくそう!九州玄海訴訟」も、すでに8,516人(2014年9月10日現在)の原告団を擁する日本最大の原発訴訟ですが、引き続き原告拡大に取り組むとともに、裁判外の市民運動とも一層連携して、原発ゼロに向けた闘いに力を入れていきます。原発のない世界を子どもたちに残すため、ともに頑張りましょう!

  • 原告参加の申込みは当事務所で随時受け付けています。
  • 当事務所の弁護士近藤恭典、弁護士毛利 倫、弁護士八木大和の三名が弁護団として活動しています。お気軽にお問い合わせください。
  • 玄海訴訟の詳細は、「原発なくそう」で検索していただくか、
    ホームページをご覧下さい。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「労働時間」~残業代から過労死まで~

あなたの職場で労働時間は適正に管理されていますか?長時間労働があたりまえになっていませんか?労働時間法制は複雑ですが、人間らしい生活のためにはとても大切なルールです。労働時間に関する基本的な知識を解説します。

日時
2017年7月7日(金)
午後6時30分から
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年06月12日(月)

6月21日は世界ALSデーです!

國府 朋江

2017年05月01日(月)

メーデーに参加してきました

國府 朋江

2017年04月28日(金)

いよいよ明後日!ひまわり一座の憲法劇

國府 朋江

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江