トップ > 事件実績 > 労働事件への取組 > 佐賀大学退職金切り下げ無効事件

事件実績労働事件への取組

2016年4月28日(木)

佐賀大学退職金切り下げ無効事件

梶原恒夫八木大和

非特定独立行政法人化された佐賀大学において、国家公務員の給与・退職金の切り下げに連動させる形で職員の給与・退職金が一方的に切り下げられたことに対して、退職金の切り下げは違法・無効であることを訴えて、佐賀地裁で裁判に行われています。この事件は、国立大学が非特定独立行政法人になって以降は、国家公務員法の適用はなく、本来、労使対等決定の原則に立って職員の権利は労使間の合意によって決定されるべきことになっているにもかかわらず、大学は国の不当な圧力に屈して、一方的に就業規則を不利益変更して切り下げてきたものです。この事件についても、大学の自治、学問の自由の確保に係わる重大な事件であると位置づけて完全勝利目指して頑張っていきたいと思います。

法律相談Q&A

事件実績

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

そろそろ「終活」はじめませんか?〜エンディングノートや遺⾔のあれこれ〜
日時
2018年10月25日(木)
午後1時30分から2時30分
会場
福岡第⼀法律事務所2階 (3階ではありませんのでお間違えなく)

詳しくはこちら