トップ > 法律相談Q&A > 刑事 > 10日も勾留をされたら勤務先を解雇されてしまいます。なんとかできないでしょうか?

刑事事件刑事

成人の刑事事件

10日も勾留をされたら勤務先を解雇されてしまいます。なんとかできないでしょうか?

逮捕から72時間以内に、釈放されるか勾留手続に移行するかが決まります。

勾留の決定権者は裁判官です。弁護士は、勾留決定の前に裁判官に面談交渉をするなどして、勾留をしないように働きかけることができます。

昔は逮捕をされるとほとんどすべて勾留に移行していましたが、最近は勾留請求が却下されている例も増えています。

勾留決定がされてしまった場合でも、勾留決定の不当性を争う「準抗告」の申立や、勾留の必要性がなくなったことを理由とした「勾留取消」の申立をすることができますので、あきらめずに弁護士に相談をしてください。

仮に勾留されてしまった場合でも、弁護士が勤務先と交渉、あるいは職場の上司の方に相談するなどして、解雇などの措置がとられないように働きかけることができます。逮捕拘留されただけでは懲戒事由にあたらないこと、懲戒処分には非違行為とのバランスが求められることなどを弁護士が勤務先に説明することで、不当に重い処分が回避されたケースはいくつもあります。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

2019年1月より行っておりません。

暮らしの法律講座

「終活を考える~遺言と遺産分割のあれこれ」

人生の終末を心残りなく迎えるために,元気なうちに終活しましょう。
末永く家族に仲良くしてほしいと望む方,遺産の処理にあたっては自分の意思も知っておいてほしいと願う方,うちの家族だけは何もしないでも大丈夫と思わずに「形」を残しましょう。

日時
2019年9月10日(火)
午後3時から
会場
天神ビル11階 3号会議室

詳しくはこちら