トップ > 法律相談Q&A > 債務整理 > 自己破産 > 破産手続の申立てをした後、手続きはどのように進むのでしょうか?会社を度々休まなければならないのでしょうか?

債務整理債務整理:自己破産

自己破産

破産手続の申立てをした後、手続きはどのように進むのでしょうか?会社を度々休まなければならないのでしょうか?

自己破産の申立てがされると、法律上は、裁判官が債務者から話を聞く「審尋」という手続きを経て、債務者が持っている財産だけでは債務を返すことができない状態にあると認めたときに破産手続開始決定をします。この審尋期日は、裁判所が直接、破産申立てをした方の事情を聴きとりますので、申立を依頼した弁護士と共に出席しなければなりません。その限りでは、会社を休んでいただく必要がありますが、この審尋期日は何度も行われるわけではありませんので、たびたび会社を休まなければならないということはありません。なお、生活保護受給者などについては審尋自体省略される場合もあります。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「労働時間」~残業代から過労死まで~

あなたの職場で労働時間は適正に管理されていますか?長時間労働があたりまえになっていませんか?労働時間法制は複雑ですが、人間らしい生活のためにはとても大切なルールです。労働時間に関する基本的な知識を解説します。

日時
2017年7月7日(金)
午後6時30分から
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年06月12日(月)

6月21日は世界ALSデーです!

國府 朋江

2017年05月01日(月)

メーデーに参加してきました

國府 朋江

2017年04月28日(金)

いよいよ明後日!ひまわり一座の憲法劇

國府 朋江

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江