トップ > 法律相談Q&A > 相続 > 遺言書の検認とは、どのような手続ですか?

相続相続

遺言等

遺言書の検認とは、どのような手続ですか?

遺言書の検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など、検認の日現在における遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。ただし、遺言の有効・無効を判断する手続ではありませんので、例えば自筆証書遺言(本人の直筆による遺言)の場合に、その筆跡が本当に被相続人のものであるかどうかを、検認手続の中で確認することはできません。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

2019年1月より行っておりません。