トップ > 法律相談Q&A > 相続 > 遺言書の検認とは、どのような手続ですか?

相続相続

遺言等

遺言書の検認とは、どのような手続ですか?

遺言書の検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など、検認の日現在における遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。ただし、遺言の有効・無効を判断する手続ではありませんので、例えば自筆証書遺言(本人の直筆による遺言)の場合に、その筆跡が本当に被相続人のものであるかどうかを、検認手続の中で確認することはできません。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

2019年1月より行っておりません。

暮らしの法律講座

「終活を考える~遺言と遺産分割のあれこれ」

人生の終末を心残りなく迎えるために,元気なうちに終活しましょう。
末永く家族に仲良くしてほしいと望む方,遺産の処理にあたっては自分の意思も知っておいてほしいと願う方,うちの家族だけは何もしないでも大丈夫と思わずに「形」を残しましょう。

日時
2019年9月10日(火)
午後3時から
会場
天神ビル11階 3号会議室

詳しくはこちら