トップ > 法律相談Q&A > 労働 > 残業代 > 会社から、残業代は定額の手当として支払っていると言われました。どの手当が残業代に当たるのか良く分かりませんし、どの手当だとしても少なくとも手当以上の残業代があるはずなのに、残業代を請求できないのでしょうか?

労働事件労働:残業代

賃金・残業代未払い

会社から、残業代は定額の手当として支払っていると言われました。どの手当が残業代に当たるのか良く分かりませんし、どの手当だとしても少なくとも手当以上の残業代があるはずなのに、残業代を請求できないのでしょうか?

残業代の定額支給それ自体は適法ですが、そもそも当該手当が時間外労働に対する対価としての実質を持っていなければなりません。

また、仮に特定の手当が時間外労働の対価的性質を有する場合でも、労基法所定の計算方法に従って割増賃金を計算した場合との差額がわかるようになっていなければやはり無効です。もちろん、事業者には、当該手当の支給では不足している差額を支払う義務があります。

したがって、仮に一定の手当があるとしても、労働者としては、実際の労働時間に見合った残業代を請求することができます。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「交通事故」

~交通事故の被害者となる前に、事故にあったらどうすればよいか、既に被害者となった場合にどう対処すべきか、最低限の知識を身につけておきましょう~

日時
2017年4月14日(金)
午後3時から
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江

2017年03月02日(木)

貧困ビジネスで賠償命令

國府 朋江