トップ > 法律相談Q&A > 刑事 > 刑事事件では、弁護士はどんな活動をするのですか?

刑事事件刑事

成人の刑事事件

刑事事件では、弁護士はどんな活動をするのですか?

現在の日本の刑事手続では、いったん被疑者(犯罪を行ったと捜査機関から疑われている人)と決めつけられてしまうと、簡単に逮捕・勾留などの身柄拘束がなされ、社会や家族と隔絶された状況で連日の厳しい取り調べを強いられる、自宅や職場などに捜索に入られるなどの重大な人権制約が認められてしまいます。

また、刑事裁判では、被告人(犯罪を行ったとして検察に起訴された人)に有利不利を問わずほとんどすべての証拠が訴追側に握られ、有利な証拠が出されないために無実の罪に問われたり、不当に重く処罰されるといった事態も生じています。

弁護士は、被疑者段階では、①身柄拘束された方に接見し、法的アドバイスを行う、②不起訴や身柄拘束の解放に向けて警察や検察官と交渉する、③裁判に向けた証拠収集を行う、④被害者と示談交渉をするなどの活動を行います。

また、事件がいったん起訴された後は、無実の罪に問われたり、不当に重く処罰されるといったことがないように弁護活動を行います。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

2019年1月より行っておりません。

暮らしの法律講座

「終活を考える~遺言と遺産分割のあれこれ」

人生の終末を心残りなく迎えるために,元気なうちに終活しましょう。
末永く家族に仲良くしてほしいと望む方,遺産の処理にあたっては自分の意思も知っておいてほしいと願う方,うちの家族だけは何もしないでも大丈夫と思わずに「形」を残しましょう。

日時
2019年9月10日(火)
午後3時から
会場
天神ビル11階 3号会議室

詳しくはこちら