トップ > 法律相談Q&A > 債務整理 > 民事再生 > 個人再生とはどのような手続きですか。

債務整理債務整理:民事再生

個人再生

個人再生とはどのような手続きですか。

個人再生とは、借金などの返済ができなくなった人が、全債権者に対する返済総額を少なくし、その少なくなった後の金額を原則3年間で分割して返済すれば、残りの債務が免除されるという手続です。

個人再生には、 「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」という2種類の手続きがあります。
このうち、小規模個人再生は、①借金などの総額(住宅ローンや担保がついた債務を除く)が5000万円以下であること、②将来にわたり継続的に収入を得る見込みがあることが利用できる条件です。

また、給与所得者等再生は、①と②の条件に加え、③収入が給料などで、その金額が安定していることが必要となります。

給料をもらっているサラリーマンは、手続きの名称からすると、給与所得者等再生の手続きがふさわしいようにも思えますが、実務上は、小規模個人再生の方がずっと使いやすい手続きとしてサラリーマンを含め広く一般に利用されているので、以下は、特に断りない限り小規模個人再生の手続きを念頭に置いた説明となってします。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

2019年1月より行っておりません。

暮らしの法律講座

「終活を考える~遺言と遺産分割のあれこれ」

人生の終末を心残りなく迎えるために,元気なうちに終活しましょう。
末永く家族に仲良くしてほしいと望む方,遺産の処理にあたっては自分の意思も知っておいてほしいと願う方,うちの家族だけは何もしないでも大丈夫と思わずに「形」を残しましょう。

日時
2019年9月10日(火)
午後3時から
会場
天神ビル11階 3号会議室

詳しくはこちら