トップ > 法律相談Q&A > 労災・職業病 > 労災申請をしたら、労働者でないからだめだと、補償が支給されなかったのですが、どうしたらいいでしょうか。

労災・職業病労災・職業病

労災申請をしたら、労働者でないからだめだと、補償が支給されなかったのですが、どうしたらいいでしょうか。

使用者が使用者としての責任をできるだけ逃れようとして、本当は労災の適用になる雇用契約なのに、請負の形をとって契約することがあります。「偽装請負」などが社会的にも問題になっています。

契約の形式が請け負いでも、実質が雇用であれば労災保険の適用があります。仕事のやり方などに自由がなく雇用者が指揮命令をしており、報酬が、仕事が完成していくらではなく、どれだけ働いていくらと決められているような場合は、労災の対象になる雇用と言えます。

建設労働者などでよく問題になります。私たちの事務所にも多くの相談が寄せられます。実体を明らかにして労災保険を勝ち取っていく工夫を重ねています。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

木曜のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「離婚の前に考えておくべき10の項目」
日時
2018年7月25日(水)
午後1時30分から2時30分
会場
福岡市立中央市民センター第2会議室 場所は、毎回違います。ホームページ、又は電話でご確認下さい。

詳しくはこちら

2018年04月25日(水)

国及び都道府県旧優生保護法担当一覧表

國府 朋江

2017年06月12日(月)

6月21日は世界ALSデーです!

國府 朋江

2017年05月01日(月)

メーデーに参加してきました

國府 朋江