トップ > 法律相談Q&A > 相続 > 遺言に「遺産は全て兄に相続させる」とありましたが、私は全くもらえないのでしょうか

相続相続

遺留分

遺言に「遺産は全て兄に相続させる」とありましたが、私は全くもらえないのでしょうか

父が亡くなり、相続人は私と兄の2人です。実家のたんすから公正証書遺言が見つかり、遺産はすべて兄に相続させる、と書いてありました。私は父の遺産を全くもらえないのでしょうか?なお、父の遺産は預金1000万円だけです。

故人の意思を尊重するため、遺言は、ある相続人のみに相続させる(他の相続人には一切相続させない)こととしても、有効となります。他方、推定相続人の期待権を保護するため、民法では「遺留分」が定められています。遺留分とは、簡単に言うと、遺言によって侵害されたとしても、遺留分減殺請求により回復することができる相続財産の割合のことです。

具体的な計算方法は、遺留分は、どのように計算されますか?で示します。

なお、遺留分を侵害する遺言は、一応有効ですので、何もしないでいて遺留分相当の財産がもらえるわけではありません。相続開始または遺留分の侵害を知った時から1年以内に、遺言により財産を取得した相続人に対し、「遺留分減殺請求」の意思表示をしなければなりません。

また、相続開始や遺留分の侵害を知らなくても、相続開始日から10年を経過すると、遺留分減殺請求権は時効により消滅します。なお、遺留分減殺請求の対象は、相続開始時に存在した相続財産だけでなく、相続開始前1年以内にされた生前贈与にも及びます。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

相談料は無料です

092-721-1209

月・木・金のみ(祝日除く)
18:00~20:00


労働問題に限らず、借金、離婚、相続、交通事故などなんでも受け付けます。

暮らしの法律講座

「成年後見・任意後見」~離れて暮らす親のことが心配、おひとりさま時代の今日、自分に万が一のことがあったら?~

「今は元気だけど、将来が不安」 「父が認知症になって、悪徳商法にひっかかってしまっている」超高齢者社会が進み、おひとりさまは今や当たり前。加齢による能力が低下していくのは当然です。どういう制度を使えば安心なのか、その方法は?暮らしを支える制度について学びましょう。

日時
2017年9月20日(水)
午後1時30分から2時30分
会場
福岡第一法律事務所 3階会議室

詳しくはこちら

2017年06月12日(月)

6月21日は世界ALSデーです!

國府 朋江

2017年05月01日(月)

メーデーに参加してきました

國府 朋江

2017年04月28日(金)

いよいよ明後日!ひまわり一座の憲法劇

國府 朋江

2017年03月20日(月)

差別とは

國府 朋江

2017年03月15日(水)

詩人・岩崎航さんのこと

國府 朋江