トップ > 法律相談Q&A > 労働 > 残業代 > 管理職だからそもそも残業代はつかないというのは本当でしょうか。

労働事件労働:残業代

賃金・残業代未払い

管理職だからそもそも残業代はつかないというのは本当でしょうか。

残業代のつかない管理職は限定されています。管理職であれば直ちに残業代もないということにはなりません。
使用者が割増賃金支払義務を免れる「管理監督者」とは、経営者と一体的立場にある者をいい、具体的には、①企業経営全般における重要な職務と権限を付与され、②出退勤の拘束の程度が弱く、③一般従業員と比較して賃金上優遇されていると認められる場合でなければなりません。

裁判例では、話題となったマクドナルドの店長をはじめ、銀行の支店長代理や部長クラスであっても、この「管理監督者」には該当しないと判断した裁判例があり、企業の「管理職」の多くは「管理監督者」にあたらない可能性が高いといえます。
したがって、管理職であっても、残業代を請求できるケースは多々あります。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

夜間無料電話相談

2019年1月より行っておりません。

暮らしの法律講座

「終活を考える~遺言と遺産分割のあれこれ」

人生の終末を心残りなく迎えるために,元気なうちに終活しましょう。
末永く家族に仲良くしてほしいと望む方,遺産の処理にあたっては自分の意思も知っておいてほしいと願う方,うちの家族だけは何もしないでも大丈夫と思わずに「形」を残しましょう。

日時
2019年9月10日(火)
午後3時から
会場
天神ビル11階 3号会議室

詳しくはこちら