トップ > 國府 記事一覧 > 障害 > どんな重度の障害がある人でも地域で暮らす

ブログ國府朋江のブログ

2021年4月6日(火)

どんな重度の障害がある人でも地域で暮らす

弁護士の國府です。

私は、介護保障を考える弁護士と障害者の会(通称「介護保障ネット」)のメンバーとして活動をしていますが

この度、当会のHPで賃金と社会保障という雑誌で連載していた記事を随時公開していくことになりました。↓こちらから記事をご覧ください。

kaigohosho.info/jirei.htm

介護保障ネットが一緒に行政交渉をして、地域で暮らすための24時間の公的な介護の支給量を勝ち取った全国の事例について、賃金と社会保障という雑誌で連載をしていたもので、以前、「支援を得て私らしく生きる」という書籍にして発行したものより後に連載していたものです。(つまり支援を得て私らしく生きる、には掲載されていないもの)

徳島と山口の事例について記事をアップ済です。是非ご覧ください。

山口の事例は私が執筆したものですが、

改めて記事を読み返してみて、山口の件について、依頼を受けて動いていた当時のことを思い出しました。

山口の方はALSになられて、どんどん筋力が低下していく中、介護を習ったことのない夫が独自に介助方法を編み出して実践されていたのですが、本当に危険と綱渡りの状況でした。毎日ほとんど寝る間もなく介護をして疲れ果てて、妻のほうも夫にあれをしてこれをしてと言い出しにくくなっておられました。

そんな中、介護の時間を獲得するためとはいえ、弁護士との打ち合わせや資料作成のために、多大な労力をさいていただき、当会にご依頼されてから5か月ほどで時間数は出たとはいえ、とても大変な日々を過ごされました。行政から必要な介護時間数の支給決定が出たとしても、弁護士としては仕事は終わりなのですが、ご本人たちにとっては、それでゴールではなく、ヘルパーを確保して自分の介護をしてもらうために実習してもらったりと、ご苦労の連続だったと思います。

現在は、公的介護を利用し、社会参加をすることができているようで、早くコロナが収束して再会できる日が来れば、たくさん近況をお聞きできればと思います。

法律相談Q&A

法律相談Q&A

法律相談
予約はこちらに

お気軽にお問合せください

092-721-1211

※お掛け間違いのないようにお願いします。

平日9:30~17:00
土曜9:30~12:00


平日、土曜日午前中
毎日実施中

初回法律相談予約専用Web仮予約はこちら

カテゴリー

弁護士紹介國府 朋江

國府朋江 弁護士

弁護士登録:2012年

京都出身で、福岡には全く地縁はありませんが、福岡の魅力に惹かれてやってきました。
自分は弁護士に関わり合いになることはない・・・そう思われる方が大半だと思います。
しかし、労働、離婚、相続、交通事故、近隣問題といった様々な分野で、自分が望むと望まざるとにかかわらず、紛争の当事者となってしまうことはたくさんあります。
争いごとに巻き込まれると、それだけでとても精神的にも肉体的にも大きな負担がかかることになります。
そのため、私は、ご依頼者の気持ちに寄り添ってお話を聞くことに力を入れています。また、どのようにすれば最もご本人にとっての利益になるのか、法的側面から検討するとともに、ご本人の負担を軽減し、次のステップへと進んでいただけるようにしたいという思いから、ご提案をさせていただいています。